店長日記

こんにちは!店長の丈井です。

TAT-Driverによる臨場感革命を是非体感して下さい!

店長日記はこちら >>

携帯ページ

HOME»  テクノロジー»  ピュアシリーズについて

ピュアシリーズについて

ピュアシリーズの解説

TATドライバー(高分子圧電フィルムを波状に形成してハイル型駆動をする振動板)は、一般のスピーカーやヘッドフォンの能率と合わせるためにはトランスを使用して電圧を昇圧する必要がありました。
トランスを搭載する事でスーパーツィーターBAT1やBATPROでは90dB~100dBもの高い能率を達成し、ヘッドフォンH2でもトランスボックスTR2の力を借りて、ダイナミック型のヘッドフォンと同等以上の音の大きさを得る事ができました。
このように、TATドライバーや高分子圧電フィルムを振動板にするユニットはトランスなどで昇圧する事が必須だと考えていました。

ところが、驚く事にTATドライバーを昇圧しないで、他の能率の高いスピーカーやヘッドフォンと組み合わせた時でも、非常に高い音質改善効果がある事を発見しました。
スーパーツィーターにすると、BAT1やBATPROの特徴である、音の立ち上がりを明確にする作用が得られたのです。
また、ウーハーハイディフィニッショナー(WHD)にすると、スーパーウーハーをつけたかのように低域の拡大感が得られ、さらに驚くほどの中低域の厚みと音質改善効果が得られました。その理由として、分子レベルの変移が即大きな動作になる高分子圧電フィルムを使用した事が上げられます。
能率が20~50dB低くても、トランスレスのTATドライバーが視聴者に音の出所をしらせて、ダイナミックスピーカーやヘッドフォンに欠落したの音の立ち上がりを補完しているのだと考えています。

超高級なダイナミック型スピーカーであっても、各楽器間、あるいは楽器とボーカルの間の音空間が何となくあいまいです。
そのあいまいさを明確にする事で、楽器やボーカルなどのそれぞれのパートが何をやりたいか、どう表現したいかの意志力が良く伝わってくるようになります。
それが音の深みを出す立体感と響きになり臨場感が際立つのだと考えられます。

そこで、今回トランスレスのスーパーツィーターとしてBATPUREを商品化し、また、トランスボックスTR2不要のウーハーハイディフィニッショナーとしてWHDPUREを商品化して、これらの製品をピュアシリーズとしてご提供致します。

スーパーツィーターのTAKET-BATPUREはハイエンドから薄型テレビやヘッドフォンまで気軽に追加できる音質改善の原石です。
このままでも音質改善効果を楽しめる輝きを持っています。
一方、BAT1やBATPROはこの原石にさらに磨きをかけて、広がり感や力強さや気品を加え、また外観を整えて、リングやネックレスに仕上げた製品であるとお考え下さい。
そして、ヘッドフォンTAKET-H2は全周波数帯域をTATドライバーで実現して、音のすみずみまで臨場感に満たした製品と言えます。
なにはともあれ、従来欠落していた音の原点を確認するために、ピュアを含めたTATドライバー製品をご自分のオーディオシステムに追加してみて下さい。
その後、手をかえ品をかえ部屋を改造するなどのグレードアップを行うと、本当に必要なグレードアップは何であるかが見えてくるのではないかと考えています。